コロナで変化、アメリカキャッシュレス・非接触決済

コロナでテレワーク(在宅ワーク)が採用され、デリバリーサービス利用が増加など生活スタイルに様々な変化が起こった2020~今までで。

「コロナ=非接触」というノーマルが決済にも変化をもたらしました。

アメリカは元々クレジットカード・デビットカード社会ということもあり、もともと現金はあまり持ち歩かない文化。さらに2010年以降グーグルペイやアップルペイ、アンドロイドペイ、スクエアなど様々なスマホ、スマートウォッチ連動の決済サービスが登場しますます現金は見かけなくなりました。

そして2020年のコロナでコンタクトレス(非接触)が必要不可欠とされ、時代はコンタクトレス(非接触)&キャッシュレスへ。

“コロナで変化、アメリカキャッシュレス・非接触決済” の続きを読む

被害急増!3分でわかるランサムウェア攻撃

最近急増で、国交問題にもなっている「ランサムウェア攻撃」

企業のシステムの脆弱性を狙った凶悪な攻撃。

先日もアメリカのフォーチュン500企業Ford (フォード)ボーイング(Boeing)、エクソンモービル(Exxon Mobil)、クエストダイアグノスティクス(Quest Diagnostics)、リバティーミューチュアル(Liberty Mutual)、ジョンソンエンドジョンソン(Johnson & Johnson)、ウォールグリーンズ(Walgreens)、フェデックス(FedEx)、コカ・コーラ(Coca-Cola) 他大企業をクライアントに持つ大手法律事務所キャンベルコンロイ&オニール(Campbell Conroy & O’Neil)が2021年2月に実はランサムウェア攻撃にあっていたことを発表。

クライアントに関連するデータ

  • 氏名、電話番号、生年月日
  • 運転免許証番号、銀行口座番号、個人識別番号、パスポート番号
  • クレジットカード番号、医療情報、保険情報、生体認証情報
  • オンラインアカウント情報

などが漏洩した可能性があると発表。身代金を支払ったかどうかや’、被害額はまだ公表されていない。。と次々に企業や団体がねらわれているランサムウェア攻撃とは?

“被害急増!3分でわかるランサムウェア攻撃” の続きを読む

抽選!コロナワクチン打って賞金もらおう!

東京オリンピックという言葉がちらほらこちらのニュースでも聞こえてきました。
同時に日本のワクチン接種対応が遅いので大丈夫か・・・という声もありますが
そんな日本のことを話している場合ではないのが!そう、ネバダ州・・・。

先日もラスベガス復活!パーティ!アメリカ中みんな大はしゃぎ!
と景気回復と喜んでいましたが・・・実はネバダのワクチン接種率低いのです。

そしてデルタもちらほら・・・。

3月~4月頃は勢いよく接種率が上がっていたのですが、コロナ明け始めたころ「もう打たなくても大丈夫じゃないの?」と思った人々が増えたのか、稀にみられる副作用のリスクへの懸念か一揆に接種率がフラットライン。

気が付くと接種率42.96%で全米34位に・・・。

(これはワクチン接種可能な12歳以上の人口で2回目接種が終わった率。ちなみに1位はバーモント州で州民の66.49%が2回目終了「Fully vaccinated(完全ワクチン接種済)」)

Photo by Gustavo Fring from Pexels

コロナワクチン賞金出そう!”Vax Nevada Days”

ワクチン接種カード見せたらドーナツ無料とかではもう接種率はあがりません。

そこで「ビール飲んでシール貯めて賞金もらおう!」みたいなノリですが。

ネバダ州ではワクチン賞金の抽選が始まりました。その名もそのまんま

“抽選!コロナワクチン打って賞金もらおう!” の続きを読む

アメリカ在宅ワーク最新トレンド【後編】

アメリカ在宅ワーク最新トレンド前編では3つの在宅ワークプロダクティビティについての調査のまとめをご紹介しました。(まだご覧になっていない方はまずこちらの前編からどうぞ)

今回はこれらの傾向をもって2021年6月~7月現在の今、アメリカ企業が戦略建てしているこれからの働き方環境について、ご紹介します。

“アメリカ在宅ワーク最新トレンド【後編】” の続きを読む

アメリカ在宅テレワーク最新トレンド【前編】

アメリカと日本ではもちろん文化背景や人事体制などが異なりますがコロナ明け?を迎えニューノーマルがはじまったアメリカでは在宅ワーク延長や働き方に変化が起きています。

「コロナ中に買い始めたうちのワンちゃんはママ(自分)がずっとお家にいるものだと思っているので毎日留守はもうできないから仕事にいけないの」とか、「コロナ中通勤しなくてよかったから郊外に家買っちゃったのでもうオフィスには遠すぎて通勤できません」とか、、「オフィス復帰!と言われたら仕事辞めて家でTikTokで稼ぐ」とか・・・。

まぁなんともアメリカンな派手な理由が飛び交うこともありますが

そんなワークライフスタイルトレンドに沿うべく多くの企業が在宅ワークを取り入れ始めています。そこで今回は他方で行われたアメリカ在宅ワークのプロダクティビティ調査のまとめをご紹介します。ちょっと調査まとめが多いので前編と後編にわけてお送りします!

“アメリカ在宅テレワーク最新トレンド【前編】” の続きを読む

ラスベガス復活!アメリカお誕生日おめでとう!

先週からテレビでは「7月4日に生まれて」「インデペンデンスディ」などなど・・・アメリカ独立記念日にちなんだ映画や番組が盛りだくさん。

7月4日はアメリカ独立記念日

そして今年はアメリカコロナ明け初のホリデー!ということでこれまでキャンセルされていたイベントが復活、全国各地で大盛り上がりのお祭りムード!私たちの地元ラスベガスは全米の独立記念日週末旅行先ランキング第3位に入るほど全米から旅行客で盛り上がりました!

Image by F. Muhammad from Pixabay

ラスベガスでは「Welcome Back to Vegas!」おかえり!ベガス復活!ということで例年おこなわれてきたけれどコロナでキャンセルになった2021年新年の花火を7月4日に!とストリップカジノ、ローカルカジノがみんなで一斉にラスベガス復活のお祝い花火を打ち上げました。

“ラスベガス復活!アメリカお誕生日おめでとう!” の続きを読む

カーシェアTURO使ってみました~体験記~

前回ご紹介した「他人の車を借りる」カーシェアのTURO

早速使ってみましたので今回はユーザーレビュー!

借りたのは旅先のコロラド州デンバー。通常のレンタカーの料金が超高額だった為TUROを試してみようと今回使ってみました。

しかし、デンバーの街のスバル率はすごかった。どこみてもスバル、スバル、スバル。デンバーは海抜1600メートル。晴れたり雪降ったり、山に囲まれ気候の変化も厳しいので街中では小回りが利き、突然の雪道にも対応できるスバルはデンバーでは超人気車種なのです。

では早速レビュー!サービスについてはこちらを先に読んでくださいね

“カーシェアTURO使ってみました~体験記~” の続きを読む

アパートをサブスクリプションする

コロナからの流れで会社がオフィス解約、永久自宅ワークになったという人や、子供もいないし、どこからでも好きな時に好きな場所から働けるという自由な働き方のブロガー、グラフィックデザイナー、コンテンツクリエイターさんなどいわゆる「デジタルノマド(Digital Nomad) 達に人気がでてきているのがアパートのサブスクリプションサービス。

サブスクリプションサービスとは数年前からじわじわとアメリカでも人気がでてきたビジネスモデル。月々の定額サブスクリプション費用を払えば定期的に品物が届いたり、サービスを受けられるというもの。(日本ではよく昔からサプリや健康食品の通信販売がこのサブスクリプションサービスモデルを採用していますね)

Photo by BATCH by Wisconsin Hemp Scientific on Unsplash

毎月8ドルでいろんなコスメ5点が届くサービスや毎月35ドルでいろいろなワインが届くワインサブスクリプションなど様々なサービスが大流行。・・・ちなみに私は世界のお菓子サブスクリプションサービスに加入したりしてました(でも手元に届くまでにベガスの灼熱でいろんなお菓子が溶けて届くからキャンセルした)。

とそんな中ついにアパートもサブスクする時代になりました。

“アパートをサブスクリプションする” の続きを読む

気になる?アメリカエンジニアのお給料は!

今日はところは変わればお給料も変わる。

ということで全米約9,000人のエンジニアリング系職につくみなさんの2020年お給料事情を調べたDice社によるテクノロジー業界お給料レポートのダイジェストをお送りしましょう!

ちょっと気になりますか?

コロナの影響もありテック業界のお給料は降下気味?と思いきや・・・景気はよさそうです。

しかもアメリカでは今次々に次のシリコンバレー!と振興テック都市ができあがっているので

エンジニアさんは大忙し=お給料も景気が良い!

ではちょとみてみましょう

“気になる?アメリカエンジニアのお給料は!” の続きを読む

マスクするしないで大混乱?アメリカの現状

アメリカがいよいよ「コロナ明け」に向かっています。

全国的にファイザー、モデルナなど予防接種の2回目(ジョンソン&ジョンソンの場合は1回)が終わった人はマスクはしなくてもいいよというお達しがあり、ネバダ州知事もそれに賛成。マスクは「自主的オプション」になりました。

ネバダ州も45%ほどが予防接種済み(受けたい人は既に受け終わった感じ)です。

各州でレストランなどの定員制限もなくなり、野球観戦もマスクなしで自由に。

旅行客もガンガン増加中!各地の空港も大賑わい。

アメリカはこれから7月4日アメリカ独立記念日のド派手なパーティーに向けて

「普通」に戻り始めました。

Photo by Kindel Media from Pexels

と、マスクしなくていいんだ!と喜んでマスクなしで(なんだか変な気分でしたが)スーパーに行ってみした。で、お店の人に話しかけると

“マスクするしないで大混乱?アメリカの現状” の続きを読む