サンクスギビング「感謝際」実際はこんな感じ

アメリカは日本に比べて祝日が少ないのですが、そのかわりに「年末」気分が始まるのが早い。サンクスギビング~クリスマス~ニューイヤーとここからどどどっと続きます。ビジネスでもだいたいサンクスギビングの頃から「じゃあ年明けですかね~」という言葉がちらほら(まだ11月なんですけどね)。。

さてそんな年末の始まりとなるのがサンクスギビング。日本では感謝際と訳されているようですが、日本のお正月のような家族の集まりという雰囲気のホリデーです。会社は大体木曜と金曜が休みですが、学校や大学は大体1週間ほど休みです。では実際どんな感じか「リアル」なサンクスギビングをお送りします。

“サンクスギビング「感謝際」実際はこんな感じ” の続きを読む

アメリカ、年末は手術を詰め込む

National Cancer Institute

アメリカの年末といえばサンクスギビング(感謝祭)今年は11月26日。そしてクリスマスですが。こんな時期(コロナとは別)で病院へ駆け込む人々が増えます。なぜでしょう?

それはOut of pocket maximum「アウト オブ ポケット マキシマム」年間「自腹」医療費用の上限を大活用するため。

うちも今年は来週と12月に家族内で手術、施術ラッシュ。なんだ?と思われる方も多いと思いますのでざっくりなんとも合理的なのか・・・アメリカの医療保険ユーザー体験談をご紹介。

アメリカ、年末は手術を詰め込む

” の
続きを読む

バーチャルテスト受けました(体験談)

さて、アンチマネーロンダリング国際認定資格「CAMS」合格ストーリーを読まれた方はご存じの通り、私はテストや試験というものが大嫌い。人生これまでテストというものは避けてきました。が、そんな私がまた何を思ったかテストを受けることに・・・。

アメリカのテストなのですが、ここはかなりテストに関する内容や関連情報を公開することに敏感なのでテスト名は伏せますね。このテストは従来は何十人が大きな部屋に集まて受けていたのですが、コロナの影響により各自自宅などで受けることになっています。となると試験監督や平等な試験環境を受験者に与えるなど課題は盛りだくさん。

そこでこのテストが実施しているバーチャルテスト方法を体験談をもとにレポートします。

“バーチャルテスト受けました(体験談)” の続きを読む

ちがうよ、It’s “McPlant” (マックプラントゥ)

マクドナルドが参加するとベジミートは本格的に一般メニュー浸透といってもよいのではないでしょうか?そう。アメリカのマクドナルドはついにベジバーガー販売を発表!以前もこちらでアメリカの植物由来のベジミートブームについてご紹介しましたが、とうとうマクドナルドもべジー領域へ!

同社によると2021年には植物由来の牛肉代替品や鶏肉代替品を採用したバーガーやブレックファーストサンドイッチなどを販売開始するとのことその名もそのまんまで

“ちがうよ、It’s “McPlant” (マックプラントゥ)” の続きを読む

2020年コロナ時代ハロウィーンのプロトコル

近年日本でもハロウィーンは大盛況のようですが、いつもならラスベガスも大盛況。でも今年はちょっと控えめな?でもユニークなハロウィーンでした。

さて、ここで問題です。

この下の写真のツールは何でしょうか?????

答えはのちほど・・・・

“2020年コロナ時代ハロウィーンのプロトコル” の続きを読む

よーいドン!早いもん勝ちのオファーアップ

さぁ、今回はおもしろい引っ越しの様子をご紹介。

日本でもフリマアプリは人気のようですが、アメリカにもそれはそれはとても便利なアプリがあります。それは「Offer UP」。結構前からあるのですが、実際あまり使うことがなかったのですね。

たまにハロウィーンの飾りをつくるのに何かどうでもいい古い安い椅子がほしいとか、そいういうときにしか使ったことはなかったのですが、今回は売りて(譲りて)として利用しました。またそれがおもしろい・・・・

“よーいドン!早いもん勝ちのオファーアップ” の続きを読む

ビッグタバコ

先程うちのボスに確認するとアメリカと日本のタバコ事情がちょっとちがう。ということで今回は日本とアメリカのタバコ事情をご紹介。

まずは愛煙家(?)ボスへのインタビュー

スモーカー(タバコは吸うがタバコの匂いがつくのは嫌いと、、とても矛盾しているボスですが、それはおいておきましょう)として日本とアメリカの違いをきいてみると

  • アメリカの方が喫煙者は全体的にみて少ないように思う
  • アメリカより日本の方が喫煙できるところが少ない
  • 日本の喫煙所は屋内の限られたところだけどアメリカは外なら結構いろんなところに灰皿が用意してあるので案外自由に吸える。
  • 電子タバコ利用者は圧倒的に日本の方が多いと思う
  • 今や日本の方がタバコの値段が高い!

「アメリカはスモーカー少ないので肩身せまくないですか?」ときくと、「日本の方が肩身せまい」とのこと。

確かに。本社のオフィスビルから喫煙所が消えた!と困っていましたね。。。アメリカでは日本のような缶詰状態の箱?部屋?はありません。屋外なら結構自由に吸っていますね、ではここでアメリカ愛煙家像をみてみましょう。

“ビッグタバコ” の続きを読む

でた、ラスベガスの “Karen 「カレン」”

本名がカレンさんがとても可愛そうなのですが・・・

ラスベガスのカレンに昨日出くわしました。病院で。

というか、最近多いカレン。

カレンって誰?

カレンは人の名前ではなくてソーシャルメディアからどーっと広がったニックネーム。イチャモンをつけたり、恥も知らず堂々と自分勝手な行動をとったりするおばちゃんのこと

最近ではお店などでめんどくさいイチャモンおばちゃんがいると「あー、でた。カレンよ」というだけで意味がわかるほど一般的言葉にもなってきました。

昔、オバタリアンっていう漫画?(テレビもありましたね、関西だけ?)があったと思うのでカレンとくらべるとオバタリアンは淑女にみえてきます。

この間も要らなくなったモノを近くの人に上げるためにアプリで「XXXが無料だから今週金曜の3時に取りに来てね」と掲載しましたすると。うちの旦那さんが言いました

「無料でモノをもらうというとカレンがいっぱい来るから気をつけろよ」と。

ま、私も小学生から見れば「若年おばちゃん」にはいるのでカレンくらい対処できるとは思いますが・・・まぁ、厄介なカレンもいるものです。例えば

“でた、ラスベガスの “Karen 「カレン」”” の続きを読む

走るの大嫌いな私が紹介「バーチャルマラソン」

私は走るのが大嫌い。小学校のマラソン大会が苦しくて苦しくて、毎年マラソン大会にあわせてわざと風を引くように頑張ったほど(仮病を演じる力がなかったのです)。

ま、大人になっても走ることに目覚めることはまずなかったのでこ友達に誘われても「バーチャル?意味がわからない」と断り続け。。するとあるエンジニア氏が「今年参加予定だったサンフランシスコマラソンがバーチャルになって・・・バーチャルマラソンっていまいちわからない」と一言。

自ら苦しいマラソンにでるということが私にとって意味がいまいちわかりませんが・・マラソンランナーにとってはとても楽しいイベントなのでしょう。 でもバーチャルってどいういうこと?ということで全くマラソンを走る気のない私の視線からですが今アメリカでも流行りのバーチャルマラソンをご紹介します!

“走るの大嫌いな私が紹介「バーチャルマラソン」” の続きを読む

Amazon One!手かざしショッピングきた!

なんだか手かざしショッピングときくとまたピントこないかもしれませんがこれはなんだかとても「リアルに導入がどんどん進みそう」な匂いがします。早くシアトルのアマゾンGoに行って試したい!!

アマゾンが手ぶらショッピングのアマゾンGOを始めた2018年、このショッピング体験をいち早く「エンジニアが斬る!Amazon Go潜入レポート」ブログでご紹介しました。それを読んでいただくをわかりやすいのですが、これまではアマゾンGOではスマホをかざして入場、退場時に自動決済されるのでスマホかざす以外は手ぶらショッピングだったのですが、今回アマゾンはスマホもなし、手かざしで「ピッ」と決済を始めました。どういうことかというと

“Amazon One!手かざしショッピングきた!” の続きを読む