リテールテック!今回はTarget (ターゲット)

前回はウォルマートをお送りしましたが、今回はこちらも大手リテーラーのターゲットです。毎年更新される全米小売業協会による売上ランキングでは全米8位に入る誰もが知っているリテーラーです。

年間売上は約7兆8000億円で真っ赤なターゲット(まと🎯)がロゴのターゲットは前回ご紹介したウォルマートよりちょっときれいめなイメージ。みなさんおなじみのTik tokなどでも・・・「ウォルマートに行くときはスウェット、ノーメイク。でもターゲットに行くときはメイクとかわいいドレス」とおもしろおかしく表現されるほど。

さてターゲットもウォルマート同様最大の敵「アマゾン」に立ち向かう為、いろいろなリテールサービスを展開ざっとご紹介します

「続きを読む

リテールテック!アメリカリテール戦線

コロナでオンラインショッピングの売上はのびているものの、アメリカ全体でみて今年は消費は落ちています。そこで!8月末から店舗ではハロウィーングッズがどん!と置かれ、今日9月21日時点ではすでにクリスマスツリーが販売されています。。。今年はコロナもあり消費が少ないから今から徐々に稼ごう!というリテーラー達の作戦なのですが、ベガスはまだ暑いのでクリスマス気分にはなれません。

と、生き残り!(というかアマゾンに立ち向かおう)とリテーラー達はさまざまな商戦に乗り出しています。そこでアメリカ大手リテーラー各社をシリーズでまとめてみようと思います。

今回は全米1位の規模のウォルマート!

写真:ウォルマートメディアライブラリ

ウォルマートとは1962年に第1号店を開き、その後安価な生活雑貨を提供、なんでも揃うスーパー・ストアを経営して全米第1位のリテーラーになりました。ちなみにその年間売上約56兆円(2018年)!

“リテールテック!アメリカリテール戦線” の続きを読む

遂にはじまる!アメリカ「ドローン配達」

米国大手リテーラーのウォルマートがついにドローン配達をはじめるようです!

突然やってきたコロナの影響でいろいろなビジネスやサービスが急速に進化しています。また、ドローン配達やロボット配達など去年の同じ時期は「あったらいいね、できたらいいね、数年後には実用化?」といわれていたサービスがコロナ対策によって生まれた「必要性」という追い風におされて急ピッチで実用化されています。

ウォルマートって ?

ウォルマートは売上米国1位のリテーラー、郊外型の大型店舗販売で米国1位になりましたが、近年ではアマゾンとの競争激化によりオンラインショッピングやECと路面店舗を組み合わせたオムニ商戦にも注力。次々に斬新なリテールサービスを展開しています。

“遂にはじまる!アメリカ「ドローン配達」” の続きを読む

「ポッズ」で一緒に遠隔教育

遠隔教育がはじまり、先生も大変!!というアメリカの新学期事情をこの間お伝えしましたが、そんな中「ポッズ」という遠隔教育の動きが注目を集めています。

Pods (ポッズ)って何?

ポッズとはエンドウマメのさや。なのですが、

コロナ時代、学校に登校できない子どもたちを集めて私的に授業をする、補修をする集まりをポッズといいます。アメリカの学校は9月から新学期なのですが、なかなか学校に登校できる兆しがない。授業はバーチャルで行われてはいるもののそれで「うちの子大丈夫?」という親たちが同じような考えを持つ親達コロナ予防対策も信頼できる家族が集まり共同で子どもたちに授業や補修を提供するというこの動きは賛否両論あるものの、あちらこちらで広がりを見せています。また、それにシリコンバレーが早速参入!

“「ポッズ」で一緒に遠隔教育” の続きを読む