赤ちゃん抱えてIPOアメリカ最年少のバンブルCEO

先日、アメリカ最年少でIPO達成したのはマッチングアプリ「Bumble (バンブル)」の創設者でCEOのWhitney Wolfe Herd(ホイットニー・ウルフ・ハード)なんと31歳!

IPO後、彼女の所有株式は15億ドル(約1700億円)と推定、一晩でビリオネアに。

ナスダック取引開始当日、ホイットニーはまだ赤ちゃんの息子ボー君を抱えナスダックオープニングベルを鳴らした。

“赤ちゃん抱えてIPOアメリカ最年少のバンブルCEO” の続きを読む

「ロビンフッド」アプリが引き起こした悲劇

ソーシャルネットワーク、話題のアプリといろんな便利で楽しい世界が広がるこの頃。シリコンバレー初の様々なサービスが日々生まれています。

一晩で火が付いた!あっという間に一躍話題に!

とシリコンバレードリームが生まれるのもまれではありません。

でもその目まぐるしい速さで飛躍する自社のサービス人気に追いつけない会社も。

その結果QAやユーザーへのカスタマーサービスが行き届かず、悲劇を招いてしまう。

テクノロジーサービス提供者として考えさせられる事件が起きてしまいました。

“「ロビンフッド」アプリが引き起こした悲劇” の続きを読む

たったの30秒で5.6億円 アメリカテレビ広告

たったの、とは言いますがそれだけの効果があると期待される広告枠。

1年に一度、2月最初の日曜日の午後約46分間のこの広告枠。

そう、アメリカンフットボールの頂上決定戦「スーパーボール」中に放映されるこの広告枠がアメリカ広告業界最高の広告枠ともいわれている「スーパーボールコマーシャル」。毎年この広告宣伝料金が払える大企業がこぞってこの枠を占拠毎年マーケテイング担当者命がけのユニークな広告を打ち出します。

この「スーパーボールコマーシャル」をみるだけにスーパーボールを観る人もいるというほど、そして「歴代スーパーボールコマーシャルランキング番組」もあるほどの人気広告スペース。だからこそ広告宣伝費も億単位。

“たったの30秒で5.6億円 アメリカテレビ広告” の続きを読む

コロナで変わったこと

アメリカではコロナ(アメリカではCoivd(コービッド)と呼びます)によっていろんな変化がありました。

【ちなみに】アメリカでは予防接種が始まっていて、医療関係者や老人への予防接種が広がっています。ドジャーズ球場やコンサートホールなど大きな駐車場がある場所でドライブスルーで予防接種を行っています。そして今の問題は「子供が学校へ戻るべきか」。ネバダ州では特にコロナの影響で子供の自殺がふえており、早く学校へ戻して普通の生活を!と訴える人々と、コロナにかかる可能性の高い教職員からの教職員の安全重視の遠隔授業キープの訴えで議論が繰り広げられています。

さて、コロナで変わったけどなんだか生活の一部になっているもの(ネバダ編)

“コロナで変わったこと” の続きを読む