アパートをサブスクリプションする

コロナからの流れで会社がオフィス解約、永久自宅ワークになったという人や、子供もいないし、どこからでも好きな時に好きな場所から働けるという自由な働き方のブロガー、グラフィックデザイナー、コンテンツクリエイターさんなどいわゆる「デジタルノマド(Digital Nomad) 達に人気がでてきているのがアパートのサブスクリプションサービス。

サブスクリプションサービスとは数年前からじわじわとアメリカでも人気がでてきたビジネスモデル。月々の定額サブスクリプション費用を払えば定期的に品物が届いたり、サービスを受けられるというもの。(日本ではよく昔からサプリや健康食品の通信販売がこのサブスクリプションサービスモデルを採用していますね)

Photo by BATCH by Wisconsin Hemp Scientific on Unsplash

毎月8ドルでいろんなコスメ5点が届くサービスや毎月35ドルでいろいろなワインが届くワインサブスクリプションなど様々なサービスが大流行。・・・ちなみに私は世界のお菓子サブスクリプションサービスに加入したりしてました(でも手元に届くまでにベガスの灼熱でいろんなお菓子が溶けて届くからキャンセルした)。

とそんな中ついにアパートもサブスクする時代になりました。

ちなみに「デジタルノマド」って?

デジタルノマドって日本語にどう訳そうかと思って辞書調べると

「デジタル遊牧民」・・・と。

Image by benjaminwhit from Pixabay

ま、直訳はそうですが・・。ノマド=遊牧まではしなくとも、自分のライフスタイルに合わせて好きな時に好きな場所で仕事をする。つまりそれが可能なデジタル、オンラインのみで仕事ができる人達のことをデジタルノマドと呼びます。

ソーシャルメディアでもよく海辺でパソコンしている姿や、世界中を旅しながらトラベルブロガーとして活躍しているデジタルノマドをよく見かけます。

Image by AdrienBe from Pixabay

だからアパートもサブスク

そんなデジタルノマドたちのソーシャルメディアの一念発起ビデオをみていると共通しているのが「9時5時の仕事辞めてきました!」「私たち家売ってキャラバン買いました!」「大手の年収1000万円の仕事辞めてバックパックで世界をまわります!」といった

固定資産の売りっぱなし、一か所に定住希望ゼロ、自由なりたいエピソード。

だからこそ、定住場所は持たずにアパートをサブスクするのです。

**アメリカでアパート借りるには、与信チェック、身元チェックプロセスがあったり、申込み代100ドル、デポジット(敷金)多いところで家賃3か月分取られたり、契約は最低1年~などいろいろ面倒・・・で縛りが多いのです。だからサブスクすることでこのような面倒なプロセスに縛られないというのは大きなメリット。

Photo by Chait Goli from Pexels

Oasis Passport https://www.oasiscollections.com/

例えばOasis Passportは1DKや2LDKなど広さによって設定された月々定家賃を支払うだけで全米他(南米もあり)好きな都市にあるアパートで好きなだけ生活ができるというサービス。大体2週間~1か月前に希望を伝えれば次のアパートにいつでも移動可能。

家具や生活用品などはそろっていて、月々定額料金には光熱費やインターネット、週ごとのお部屋クリーニング、地元のスタッフサポートとなどがすべて含まれています。

Oasis Passport は世界にアパートを持っているので世界いろんな都市で短期滞在が可能。

Oasis Passport掲載価格表を元に作成
Photo by Vecislavas Popa from Pexels

Landing https://www.hellolanding.com/

LandingはOasis Passportとはちょっと違っていて、年会費199ドルを支払うことで全米81箇所にあるアパートを借り(相場家賃)に好きな時だけ好きな期間滞在できるというサービス。

この199ドルを払うことによって期間縛りのある契約はなし、オンラインでアパート賃貸予約ができ、24時間メンバーサポートを受け、2週間の通知でネットワーク内の他の都市のアパートにいつでも移転可能。 アパートには家具、スマートテレビやタオル、キッチン用品そのほか生活必需品や調味料までそろっています。

どうでしょう、思い切ってみますか?

固定資産の売りっぱなし、一か所に定住希望ゼロ、自由なりたい!!!

世界歩き回るトラベルブロガーに!!

そんな願望を抱いてデジタルノマドを目指しているみなさん?

すべて売り払い世界を歩き回るとはかなり覚悟がいりますが・・

たまには一度住んでみたかった場所で3か月アパート借りて

仕事をしてみるのはいかがでしょうか。

Photo by Andrea Piacquadio from Pexels