【お仕事シリーズ】子供の頃の夢と今の仕事?

アメリカでも子供の頃の夢の仕事と現在の仕事が全く違う!という人は沢山います。

2,000人のアメリカンに子供の頃の夢と今の現実は?と聞いたZety社の調査によると、アメリカ人の10人に6人以上が子供の頃の夢の仕事に就けなかった・・・(泣)と。

そして、これらの回答者の58%は、夢の仕事に就けるならそうしたいとまだ願っていると。

ちなにみ2021年のアメリカの子供達の夢の職業ランキングはこちら

一部の回答者は、子供の頃の夢は時間とともにちょっとづつ変化していったしたと回答しましたが、多くの回答は「夢の仕事」より「より現実的」な仕事についいたとのこと。

たとえば、子供の頃は医師になりたいと思っていたが、結局ついた仕事は法律関係の仕事。でも取り扱っている事例は医療系、医療過誤など。といた具合。

“【お仕事シリーズ】子供の頃の夢と今の仕事?” の続きを読む

【アメリカお仕事シリーズ】アメリカの子供達にききました夢のおしごとランキング                               

今回からは数回【アメリカのお仕事シリーズ】としてアメリカの本業・副業(サイドハッスル)などの仕事事情や就職・就活に役立つ情報、またお仕事市場全般についてお届けしようと思います。

第1回の今回はアメリカの子供達にきいた夢のおしごとランキング。「大きくなったら何になりたい?」日本の子供達にもよく聞く質問ですが、アメリカでも同じ「What do you want to be when you grow up?」と聞いてみました。

日本とくらべて子供の夢の職業に違いがあるのでしょうか?

余談:コロナの影響で、在宅テレワークなどいろいろ働き方がかわってきたアメリカの現状について、まとめたものもありますので、2021年最新の在宅テレワーク事情などについてはこちらのまとめをご覧ください。

では、さっそくアメリカの子供達の夢のおしごとランキングいきましょう!

“【アメリカお仕事シリーズ】アメリカの子供達にききました夢のおしごとランキング                               ” の続きを読む

女性CEO「レント・ザ・ランウェイ」上場申請へ

女性CEO率いる 「レント・ザ・ランウェイ」上場申請へ

アメリカ・ニューヨーク発、女性CEO率いる 「レント・ザ・ランウェイ(Rent the Runway)」が上場申請を行いました。「レント・ザ・ランウェイ(Rent the Runway)」はレンタルファッションEC会社で、着たい洋服やアクセサリーを気軽にレンタルできるサブスクリプションサービス。

2009年11月に会社を立ち上げたジェニファーハイマン(Jennifer Hyman)とジェニファーフレイス(Jennifer Fleiss)によって設立されました。

2020年、コロナの影響から一時一部サービス停止をやむを得ない状況まで追い込まれましたが、2021年見事にカムバック。堂々とIPO申請へ。ではその女性CEO率いる 「レント・ザ・ランウェイ」とはどんな会社?

“女性CEO「レント・ザ・ランウェイ」上場申請へ” の続きを読む

アメリカコロナ対策ワクチン3回目ブースター注射開始

【2021年10月更新:3回目ブースター注射を打ってきました。

アメリカ:ファイザー3回目打ってきました。打つ人が少ないからかインフルエンザ予防接種に行った際に「一緒にファイザーブースーターも打って帰らない?」とおすすめされ・・・2回目注射から6か月でブースター打ってきました。スーパーの一角にある処方箋薬局の窓口でちゃちゃっと打ってもらいました。私は今回も特に副作用はなく。2日後にちょっと疲れたくらいでした。

ーーーーー

デルタ株がとまらないアメリカ、前回はワクチンパスポートについてお伝えしましたがついに3回目のブースター注射がはじまりました。

現在3回目の注射を打てるのは臓器移植を受けた方や免疫力の低い方のみですが、8月17日ホワイトハウスから一般へ向けても9月中旬3回目注射を開始すると発表がありました。

CDC(アメリカ疾病予防管理センター)からの許可が下り次第コロナワクチンを2回接種した方は3回目の接種をお勧めされることになります。現在発表が予想されている条件

“アメリカコロナ対策ワクチン3回目ブースター注射開始” の続きを読む

アメリカコロナ対策「ワクチンパスポート」始まる

なかなか予防接種率が上がらないアメリカ。コロナワクチン予防接種を受けていない人々や12歳以下の子供の間でデルタ株が急増。そこで以前は各都市政府も実施に迷っていたコロナワクチン接種証明書、いわゆるコロナパスポートの実行がとうとう始まりました。

そう、ワクチン接種を終えなければレストランにも、コンサートにも行けないよということです。海外のワクチン接種証明書も受け付けるそうですので渡米の予定の方はご準備を。

現状:2021年8月アメリカのコロナの数字

現在米国でデルタ株の感染が急上昇、特に予防接種を受けていなかった人口を中心に増加しています。16歳以下の子供の感染も上昇中。

  • 過去7日の1日あたり平均新しい発生数は114,190件
  • 過去7日の1日あたり平均入院数は1日10,072件
  • 過去7日の1日あたり平均死者数は492人

アメリカでは2021年3月頃から16歳以上、5月から12歳~すべての人口に予防接種が許可されました。ファイザー、モデルナ、ジョンソンエンドジョンソンの3つが許可されおり、接種が行われてきました。

“アメリカコロナ対策「ワクチンパスポート」始まる” の続きを読む