【アメリカお仕事シリーズ】アメリカの子供達にききました夢のおしごとランキング                               

今回からは数回【アメリカのお仕事シリーズ】としてアメリカの本業・副業(サイドハッスル)などの仕事事情や就職・就活に役立つ情報、またお仕事市場全般についてお届けしようと思います。

第1回の今回はアメリカの子供達にきいた夢のおしごとランキング。「大きくなったら何になりたい?」日本の子供達にもよく聞く質問ですが、アメリカでも同じ「What do you want to be when you grow up?」と聞いてみました。

日本とくらべて子供の夢の職業に違いがあるのでしょうか?

余談:コロナの影響で、在宅テレワークなどいろいろ働き方がかわってきたアメリカの現状について、まとめたものもありますので、2021年最新の在宅テレワーク事情などについてはこちらのまとめをご覧ください。

では、さっそくアメリカの子供達の夢のおしごとランキングいきましょう!

アメリカの子供達にききました夢のおしごとランキング 

1000人強の12歳以下の子供達に聞いた「大きくなったら何になりたい?」「What do you want to be when you grow up?」という質問にアメリカの子供達はこう答えました!

女の子のランキング 

  1.  医師
  2.  獣医師
  3.  科学者
  4.  ミュージシャン
  5.  教師
  6.  宇宙飛行士
  7.  警察官
  8.  エンジニア
  9.  アスリート
  10.  消防士

アメリカの子供達への別の調査ではダンサーやライター、弁護士もランクイン。

さて、日本の女の子たちへの調査(2020年日本FP協会のまとめ)ではトップ10に保育士、パティシエ、美容師、イラストレーターながランクイン。1位は「薬剤師」だったそうです。

Photo by Amina Filkins from Pexels

男の子のランキング

  1.  警察官
  2.  消防士
  3.  科学者
  4.  エンジニア
  5.  アスリート
  6.  宇宙飛行士
  7.  ミュージシャン
  8.  医師
  9.  獣医師
  10.  教師
Photo by Amina Filkins from Pexels

日本の男の子たちへの調査(2020年日本FP協会のまとめ)トップ10にはアスリート以外に監督、ゲーム制作関連、シェフ、ユーチューバー、建築士がランクイン。1位はサッカー選手もしくは監督。そして・・・なんとも面白いのが4位に入った「会社員・事務員」

アメリカの子供達にききました夢のおしごとの傾向

アメリカの子供達の間では女の子のほうがSTEM系のお仕事を好み、男の子はCivil Service (いわゆる公安系)のお仕事に就きたいと思っているようです。

上記のランキングでもあきらかですが、女の子トップが医師、獣医師、科学者だったのに対し、男の子は警察官、消防士が上位に入っています。

Newyorklife x Fatherly 調べより

そして面白いのが「地域」による違い。アメリカは国土が広大。それゆえに子供達の夢の仕事にも地域によって傾向が違うようです。こちらも Newyorklife x Fatherly が行った調査からの結果ですが、面白いのが

西海岸(マップの赤い部分)。さすが、シリコンバレーなどエンジニアリング職が強い地域では「Astronaut (宇宙飛行士)」が人気。同じくスペースXやブルーオリジンなどの影響でしょうかロケット打ち上げが行われるNASAがあるフロリダ周辺の南東部(マップの黄色い部分)は「Scientist (科学者)」が人気。

そしてちょっと上に上がって東部の名門大学やラボ、アメリカでもトップクラスの教育機関が多いマサチューセッツ州近辺(マップの紫部分)では「教師」が人気。

https://www.fatherly.com/love-money/the-2017-imagination-report-what-kids-want-to-be-when-they-grow-up/

子供の夢を支える?両親の意見は?

同じ調査では調査に回答した子供達の15%以上が夢の選択はテレビや映画、ユーチューブ、などに影響をうけたものと回答。そして10%以上が両親からの影響と回答。

さてユーチューブ以外で・・・子供の将来に大きな影響をもたらす両親に質問したところ、86の親が子供の夢をサポートするために子供を十分に必要なところへ露出していると感じているにもかかわらず、36は子供が夢を実現するのを助けるための経済的準備ができていないと感じてるとのこと。

しかし!明らかに経済的な心配に悩まされていつつも、なんと92が、自分の子供が夢を実現できると確信している!と回答。ブレイクできるかできないかのハリウッド女優の夢をかなえる為に子供を信じて30歳まで経済的に30歳まで本当に面倒をみるのか!どうかは別として

92が、自分の子供が夢を実現できると確信している!とはすばらしい。

日本の子供達も、アメリカの子供達も夢実現に頑張ってほしいですね。

【アメリカのお仕事シリーズ】としてアメリカのお本業・副業(サイドハッスル)などの仕事事情や就職・就活についてお届けするシリーズ第1回の今回はアメリカの子供達にききました夢のおしごとランキングをお届けしました。

次回は続き!「大人になった人達に聞く、子供の頃の夢今??」をお届けします。

お楽しみに。

Photo by Steven Libralon on Unsplash