【お仕事シリーズ】コロナ後深刻、アメリカの就職問題

今回はコロナ後深刻、アメリカの就職問題について2021年9月の最新状況をお伝えします。

深刻な就職問題というとアメリカはコロナで仕事が減って「就職難」?働きたくても「仕事がみつからないの?」とご想像のことだと思いますが。

ところが、ところが、その反対。今アメリカには仕事があふれているのに求人者がいないのです。今回はコロナ後、「アメリカンが仕事に就かない理由」をご紹介。

そう、今アメリカは「採用難」企業やリテール、飲食店、ウーバーまで人手がないのです。

“【お仕事シリーズ】コロナ後深刻、アメリカの就職問題” の続きを読む

【お仕事シリーズ】子供の頃の夢と今の仕事?

アメリカでも子供の頃の夢の仕事と現在の仕事が全く違う!という人は沢山います。

2,000人のアメリカンに子供の頃の夢と今の現実は?と聞いたZety社の調査によると、アメリカ人の10人に6人以上が子供の頃の夢の仕事に就けなかった・・・(泣)と。

そして、これらの回答者の58%は、夢の仕事に就けるならそうしたいとまだ願っていると。

ちなにみ2021年のアメリカの子供達の夢の職業ランキングはこちら

一部の回答者は、子供の頃の夢は時間とともにちょっとづつ変化していったしたと回答しましたが、多くの回答は「夢の仕事」より「より現実的」な仕事についいたとのこと。

たとえば、子供の頃は医師になりたいと思っていたが、結局ついた仕事は法律関係の仕事。でも取り扱っている事例は医療系、医療過誤など。といた具合。

“【お仕事シリーズ】子供の頃の夢と今の仕事?” の続きを読む

【アメリカお仕事シリーズ】アメリカの子供達にききました夢のおしごとランキング                               

今回からは数回【アメリカのお仕事シリーズ】としてアメリカの本業・副業(サイドハッスル)などの仕事事情や就職・就活に役立つ情報、またお仕事市場全般についてお届けしようと思います。

第1回の今回はアメリカの子供達にきいた夢のおしごとランキング。「大きくなったら何になりたい?」日本の子供達にもよく聞く質問ですが、アメリカでも同じ「What do you want to be when you grow up?」と聞いてみました。

日本とくらべて子供の夢の職業に違いがあるのでしょうか?

余談:コロナの影響で、在宅テレワークなどいろいろ働き方がかわってきたアメリカの現状について、まとめたものもありますので、2021年最新の在宅テレワーク事情などについてはこちらのまとめをご覧ください。

では、さっそくアメリカの子供達の夢のおしごとランキングいきましょう!

“【アメリカお仕事シリーズ】アメリカの子供達にききました夢のおしごとランキング                               ” の続きを読む

アメリカ在宅テレワーク最新トレンド【後編】

今回はアメリカ在宅テレワーク最新トレンド【後編】

アメリカ在宅テレワーク最新トレンド前編では3つの在宅ワークプロダクティビティについての調査のまとめをご紹介しました。(まだご覧になっていない方はまずこちらの前編からどうぞ)

今回はこれらの傾向をもって2021年6月~7月現在の今、アメリカ企業が戦略建てしているこれからの働き方環境について、ご紹介します。

“アメリカ在宅テレワーク最新トレンド【後編】” の続きを読む

アメリカ在宅テレワーク最新トレンド【前編】

今回はアメリカ在宅テレワーク最新トレンド【前編】をお届けします。

アメリカと日本ではもちろん文化背景や人事体制などが異なりますがコロナ明け?を迎えニューノーマルがはじまったアメリカでは在宅ワーク延長や働き方に変化が起きています。

「コロナ中に買い始めたうちのワンちゃんはママ(自分)がずっとお家にいるものだと思っているので毎日留守はもうできないから仕事にいけないの」とか、「コロナ中通勤しなくてよかったから郊外に家買っちゃったのでもうオフィスには遠すぎて通勤できません」とか、、「オフィス復帰!と言われたら仕事辞めて家でTikTokで稼ぐ」とか・・・。

まぁなんともアメリカンな派手な理由が飛び交うこともありますが

そんなワークライフスタイルトレンドに沿うべく多くの企業が在宅ワークを取り入れ始めています。そこで今回は他方で行われたアメリカ在宅ワークのプロダクティビティ調査のまとめをご紹介します。ちょっと調査まとめが多いので前編と後編にわけてお送りします!

“アメリカ在宅テレワーク最新トレンド【前編】” の続きを読む