top of page
  • 執筆者の写真Prism ラスベガス

【相関図付き】水原一平氏とアメリカテレビ番組スター、ラスベガス有名カジノ元社長との関係とは?

更新日:5月20日

マネロン対策、CAMS(アンチマネーロンダリング国際認定資格)が紐解く。大谷翔平選手通訳の「一平ちゃん」と親しまれた水原被告のギャンブル資金不正送金のからくりとは?~第2回~


第一回はこちらからご覧ください。


2024年5月8日にアメリカ大リーグ・ドジャースの大谷翔平選手の銀行口座からのおよそ26億円以上の窃盗、不正送金を認めた元通訳の水原一平氏をめぐる「不正なお金」の流れ。水原一平氏とアメリカテレビ番組スター、ラスベガス有名カジノ元社長との関係とは?


①水原一平氏 x マット・ボイヤー氏との関係

水原一平氏が違法ギャンブルを依頼していたブックメーカー(ノミ屋)がマット・ボイヤー氏。


マット・ボイヤー氏とは?


カリフォルニア州南部、のオレンジ郡サン・ファン・キャピストラーノ(San Juan Capistrano) 市に住む現在49歳。2023年10月南カリフォルニアでの違法賭博捜査に引っかかり、捜査令状を手にした当局によって家宅捜索され、コンピューターや電話などの電子機器が押収された。その後、雇われた彼の弁護士は地元テレビ局に、ボイヤー氏が大谷選手の元通訳である水原一平氏と賭けを行っていたブックメーカーであることを確認。


カリフォルニア州では(一部を除き)賭博は違法。スポーツに賭けるスポーツベットはカリフォルニア州では全面的に違法。マット・ボイヤー氏のような違法ブックメーカーはカリフォルニア州などギャンブルが違法な州に所在するクライアントのベット(賭け)を違法に取次する。


水原一平氏との関係


ボイヤー氏の弁護士によれば、水原一平氏は、2022年にサンディエゴで共通の友人を通じてボイヤー氏と知り合ったという。その後水原氏はボイヤーのクライアントとなり、違法賭博を始める。そのやり取りはほとんどがテキストメッセージ。



【相関図付き】水原一平氏とアメリカテレビ番組スター、ラスベガス有名カジノ元社長との関係とは?

②マット・ボイヤー氏 x ベガス有名カジノ元社長との関係


ラスベガスではVIP、マット・ボイヤー氏

ボイヤー氏は自宅がある南カリフォルニアからは飛行機で45分、車でも3時間半ほどで訪れることができるラスベガスへは頻繁に行っていた様子で、ラスベガスでは知られた「ホエール」。ホエールとは大金を賭けるギャンブラーのこと。2022年6月から2023年10月にかけて、リゾート・ワールドで約800万ドルを失ったともされている。ボイヤー氏とその妻、友人や関係は頻繁ににラスベガスにあるリゾート・ワールドカジノを訪れ、数百万ドルを賭博し、ディナーやショー、その他の特典でVIPとしてもてなされていたという。


ラスベガスカジノ元社長スコット・シベヤ氏とは?

一方、同じような時期、ラスベガスの大手カジノMGMグランド(2017年~2019年)、リゾーツワールド(2019年~2021年)の社長をしていたのがスコット・シベヤ(Scott Sibella)氏。このシベヤ氏、今年2024年1月かつてMGMグランドの社長をしていた2027年~2019年時期に別の違法ブックメーカーウェイン・ニックス(Wayne Nix) 氏が違法ブローカーと知りながら、VIP接待を続けていたとしてアメリカ銀行機密保護法(BSA)に基づき、連邦刑事責任で摘発され、その罪を認めている。


違法ブックメーカーウェイン・ニックス氏とは?

元野球マイナーリーグ投手のニックス氏は2000年代初頭に引退した直後、南カリフォルニアで違法なスポーツ賭博を開始。元MLBオールスターのヤシエル・プイグ、元NBAオールスターのスコッティ・ピッペン、レブロン・ジェームズのマネージャーであるマーベリック・カーターなど、多くの有名人がこの違法なブックメーカーで賭けを行っていたとされている。


マット・ボイヤー氏 x ベガス有名カジノ元社長との関係

そしてそんな違法ブックメーカーウェイン・ニックス氏とやり取りがあったとされるのがマット・ボイヤー氏

一部の報道ではマット・ボイヤー氏の関係者がウェイン・ニックス氏に違法賭博を依頼していたと言われている。

そして、そのカジノ側にいたのがスコット・シベヤ氏。ー違法賭博ブックメーカーとVIPにゆるゆるのカジノ社長。


【相関図付き】水原一平氏とアメリカテレビ番組スター、ラスベガス有名カジノ元社長との関係とは?

③水原一平氏とアメリカテレビ番組スターとの関係とは?


報道によると、水原一平氏は違法ベットの借金返済に大谷翔平選手から盗んだ資金を送金した宛はリゾーツワールドカジノの「マーカー口座」とされている。そしてその口座の持ち主はマット・ボイヤー氏のアソシエイト(友人、ビジネスパートナーのような存在を指す)ライアン・ボヤジアン(Ryan Boyajian)氏という疑惑が浮上している。


マーカー口座とは

カジノで作成する口座のこと。大量の現金を持ち込むのが大変なホエール(大金を賭けるVIP客)はカジノに銀行口座のような口座を作り、そこにギャンブル資金を送金しておくことができる。また、ホエールだけではなく一般の方でよくギャンブルをする場合利用可能。いちいち現金を手に握って持って行かなくても良いので便利なサービス。


ライアン・ボヤジアン氏はセレブ奥様の生活を追うアメリカの人気リアリティ番組「The Real Housewives of Orange County(リアルなオレンジ郡の妻たち)」に出演するメインキャストのフィアンセ。現在これについては当局が捜査中。


水原一平氏とアメリカテレビ番組スター、ラスベガス有名カジノ元社長との関係とは?(2024年5月時点)


図をクリックすると大きくなります。

【相関図付き】水原一平氏とアメリカテレビ番組スター、ラスベガス有名カジノ元社長との関係とは?

今後どのような関係が明るみになるかはわかりませんが、現在この図内のピンク箇所はすべてマネロン行為とみなされる可能性があります。まだ捜査中の部分も多く、違法ブックメーカーらの関連人物が浮上してくるのでは?と予想されます。

以上、今回は【相関図付き】水原一平氏とアメリカテレビ番組スター、ラスベガス有名カジノ元社長との関係とは?をお伝えしました。







Comments


bottom of page