top of page
  • 執筆者の写真Prism ラスベガス

ラスベガスカジノ「ミラージュ」閉店までの数日で2.5億円還元大セール

火山ショーで有名なラスベガスミラージュ(The Mirage) は2024年7月17日閉店


地元民にとってもラスベガスファンにとってもちょっと寂しい火山ショーで有名なラスベガスミラージュの閉店が7月17日に迫ってきましたが。ミラージュ閉店前にはちょっとした最後の大判振る舞いがまっています。


閉鎖についてはこちらの記事もご覧ください



ラスベガスカジノ「ミラージュ」閉店までの数日で2.5億円還元大セール


ミラージュ閉店までの数日で2.5億円還元大セールでは7月9日、10日、11日には20万ドル(約3,200万円)の賞金が、12日と13日には25万ドル(約4,000万円)の賞金が、閉店前日の7月16日には10万ドル(約1,600万円)の現金賞品が還元されます。プロモーションは毎日午後3時から午後7時まで行われます。


テーブルゲームでは40万ドル(約6,400万円)の保証現金賞品が7月12日と13日の午後8時のイベントで抽選大奉仕。


ラスベガスカジノ「ミラージュ」閉店までの数日で2.5億円還元大セール


2.5億円還元はカジノの義務


現時点でミラージュは160万ドル(約2.5億円)のスロットとテーブルプログレッシブ賞金を保有。

プログレッシブとは大型賞金が当たるカジノのゲームの仕組みの一つで、スロットマシン、テーブルゲームにおいてプログレッシブ付きゲームがあります。


プログレッシブスロットマシンとは通常のスロットマシンに加え、プレイヤーの賭け金(ほぼ負け金)が積み立てられ、当たった人はそのプログレッシブ賞金が当たるというもの。


プログレッシブテーブルゲームとは通常のテーブルゲームに加え、サイドベット(サイドの賭け)でプログレッシブに参加当たった人はそのプログレッシブ賞金が当たる。


よって、その賞金はほぼプレイヤーの「積立金」(=つまり賭け金 = 負け金)から成り立っており、カジノが閉鎖するからといってカジノのものにはできません。よって閉店までの数日でミラージュはお客様大還元セールを開催してプレイヤーにこれを還元します。そして、これはネバダ規制当局によって義務化されています。


つまり、2.5億円はこの数日で「義務的」にプレイヤーにもどってくるのです!


ミラージュ(The Mirage) は2024年7月17日閉店


いよいよ残すところあと1週間となるミラージュ閉店。閉店後は2027年にハードロック・ホテル&カジノへと生まれ変わります。「ラスベガスカジノ「ミラージュ」閉店までの数日で2.5億円還元大セール」をおとどけしました。

ラスベガス地元、近隣にいらっしゃる方は是非閉店前大セールに訪れてみてはいかがでしょうか。








コメント


bottom of page