top of page
  • 執筆者の写真Prism ラスベガス

日本でも人気急上昇ヨガウェア!ルルレモンの賢いブランドマーケティング事例

アメリカで1万円以上の高級レギンスが爆発的に売れる理由



カナダ発のヨガウェアブランドルルレモンはアメリカでは誰もが知るブランド。アメリカではヨガウェアというよりは日常的に普段着として着こなす「アスレチックxレジャー」つまり「アスレジャー」ブランド、レギンスの生みの親として知られています。


カジュアルな仕事場や学校、お買い物や週末のお出かけなど、どこへ行くにも毎日のアメリカ生活に欠かせないレギンス。そんな毎日使いのアイテムですが、他のブランドだと2000円~3000円で購入できるレギンスでも「ルルレモン」となれば1万円でも爆発的に売れる。


そんなルルレモンのものすごいブランドマーケティング力を先日ロサンゼルスで行われたイベントを事例にしてお伝えします。


ルルレモンとは?


1998年カナダ・バンクーバー発のヨガウェアブランド。2010年頃からアスレジャースタイルの流行と共に人気が急上昇。2023年現在世界で売上8000億円の人気アスレジャーブランド。レギンスと言えばルルレモン、アメリカのレギンスと言われるほど定番化。アラインレギンス、ルルレモンベルトバッグなど随時次々にヒット商品を販売。日本でも人気急上昇。


アメリカでは路面店舗とオンラインで販売、ルルレモン製品は量販店では販売はせず、自社店舗のみでの販売。価格帯は決して安価ではなく、ヨガレギンスは約1万5000円~、トップスは約5000円~。それでも幅広い年齢層に愛されています。ルルレモン店舗ではよく親にねだっている小中学生を見かけます・・。小さいながらもちらっと入っているルルレモンのロゴが欲しいようです。






日本でも人気急上昇ヨガウェア!ルルレモンの賢いブランドマーケティング事例とは?


そんな大人気のルルレモンにはカルト的熱狂ファンがたくさん。ルルレモンしか買わない、という人も多いくらいの圧倒的なブランド力を持っています。


ルルレモンの現在の売れ筋商品は「Align Leggings アラインレギンス」。ハイウエストなレギンスは体をしっかりと包み込み、激しい運動をしてものびない、破れない、透けない、ずれない。ウエストラインも体にピッタリフィットしてびくともしません。


アマゾンなどでは「アラインレギンス」と検索すればたくさんの商品が掲載されるほど偽物や類似製品が続出。でもブランド力勝負のルルレモン。先日そんな類似製品を買うアメリカン消費者を抱え込むルルレモンのイベントを開催をして大成功!



「Align Leggings Dupe Swap」

アラインレギンス類似製品交換イベント


先日ロサンゼルスのショッピングセンターに現れたルルレモンポップアップイベント。なんと他で購入したルルレモンの類似製品レギンスを持ってくれば1万円以上する新品のルルレモンアラインレギンスと交換できるというもの。


長蛇の列に並びポップアップの受付でアマゾンや他のお店で購入した類似レギンスを渡すと色々な種類のアラインレギンスを試着でき、その場で新品のアラインレギンスがもらえるのです。このイベントは大成功、とてもクレバー(賢い)と他方で話題になっています。



1.ブランドの存在アピール

アマゾンなどでオンライン販売するジェネリック商品では「ブランド」体験ができない。しかし、ルルレモン店舗でのショッピング体験やイベントでの他のルルレモンファンとの交流をとおしてブランドや店員さんと交流することでルルレモンユーザーというブランド意識をUP


2.ルルレモンレギンスへ「お得」に誘導

自宅にあったレギンスを持ち込んで無料で1万円以上するルルレモンレギンスを受けとった消費者にとって、もともとクオリティの高いルルレモンレギンスはより「素晴らしい」製品に。そして今まで試したことがなかった初ルルレモン客を勧誘。


また、次回1万円以上するルルレモンを購入してみようと思った際には、1本無料でもらっている分2本目はちょっと安く購入できるような気分に。


3.集まる競合製品

お客さんが持ってきた山積みの類似レギンスは恰好の競合調査材料。

類似製品はどんなものなのか、どの類似が多く購入されているのか、価格、素材、デザインなどの調査が可能に。


4.その場で消費者調査

なぜお客さんが競合を購入してルルレモンを購入しなかったのか?イベントに訪れるお客さんはレギンス愛用者、でも必ずしもルルレモンではなかった。ではなぜ他のブランドを購入したのか?その場で消費者動向調査が可能に。


5.ブランディング、ブランディング、ブランディング

「無料でルルレモンがもらえる」「アラインレギンス交換会」というだけで話題性は抜群!ソーシャルメディアでも大騒ぎになり、当日の様子はあっという間にソーシャルメディアで配信されました。また、訪れた大勢のお客さん全てがルルレモンのアラインレギンスを持ち帰ったのならその感想などもソーシャルメディアに投稿される。


そして、実は無料で「高級」レギンスのルルレモンをもらって帰ったこれまでルルレモンを購入していなかった新しい顧客層は自分で購入したかのようにその高級レギンスをソーシャルメディアで披露することも。



以上、今回はレギンスと言えばルルレモンと言われるほど絶対的なアスレジャー業界でのブランド力を保持、日本でも人気急上昇ヨガウェア!1万円の高級レギンスを売るルルレモンの賢いブランドマーケティング事例をお届けしました。










閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

Commenti


bottom of page